まとめ:EC-CUBE2.0をCORESERVERで

EC-CUBE2.0 CORESERVER インストール (MemoryWeblog)で書き散らかしたのをまとめる。

インストール手順

  1. EC-CUBEをダウンロード。
  2. MySQLのDBをCORESERVERの管理画面で作成。
  3. EC-CUBEを展開、下記コマンドで。そして、サーバに配置。
    $ chmod 755 eccube-2.0.1a.tar.gz
    $ tar zxvfp eccube-2.0.1a.tar.gz   (pがポイント、アクセス権をも復元。)
  4. サーバに配置した状態に基づき、define.phpを書き換え。
  5. php.iniを作成し、/html(以下すべてのDirに)と/dataにコピー。内容は下記のとおり。
    AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php
    php_value mbstring.language Japanese
    php_value output_handler mb_output_handler
    php_flag mbstring.encoding_translation 1
    php_flag magic_quotes_gpc 0
    php_flag session.use_cookies 0
    php_flag session.use_trans_sid 1
    php_value mbstring.internal_encoding UTF-8
    php_value upload_max_filesize 5M
  6. 管理画面へ行き、設定、及び、エラーがないかチェックする。
    なければ、成功です。

CORESERVER で CPAN

CORESERVER で CPAN を稼働させる。
予め入ってるみたい。
CPAN.pm が(root/.cpan内のを)読めない模様。
ユーザーディレクトリーで使用する方法を調査。

perl -MCPAN -e ‘mkmyconfig’

で良いみたい。
例によって、あれこれ聞かれるので、応えていく。
まだまだ、設定があるみたいだ。

http://blog.portwrite.jp/2006/04/cpan_root.html
http://www.otsune.com/bsd/tips/usercpaninstall.html

CORESERVER について

安いと思う。
初期費用1,000円
月額500円 –> 1年払いだと5000円

しかし、他社ドメインだと、ドメインメールが使えない。
 >ドメインウェブだと、どうなんだろう?
Value-Domain で取得しなくてはならない。
安いから、しかたなしかな。

https://www.value-domain.com

あと、メールの設定の健忘録。
POP/IMAPがOK。
ユーザーは、xxxx@s00.coreserve.jp とする。
SMTP は認証が必要。
パスワードタイプはMD5チャレンジ応答はNG、ノーマルパスワードで。